FX業者選びタクミの趣味ブログ

MT4を利用してFX取引をしました

FX業者選びタクミの趣味ブログ

 

最近は会社の給料が増えることがなく、これではまずいと考え少し前に私はMT4 FXをはじめました。始めた頃はあまりうまく行かなかったのですが、少しずつコツをつかんでからはある程度儲かるようになっていました。ただ利用していて不満を持っていたことに、業者の提供しているツールがありました。業者の提供しているツールは一般的な処理は可能だったのですが、特別なことをする事ができませんでした。

 

そのため細かい分析をするためには大きな手間がかかることが多く、その点に不満を持っていました。そういう事を知り合いと話していると、MT4という製品を利用するといいといわれました。興味をもったのでどういうものなのか詳しく聞くと、無料で使えるチャートソフトだと説明を受けました。ちょうど私はそのようなソフトが欲しかったので、さっそくネットを使ってMT4をダウンロードしました。インストールや登録は難しくなく、すぐに利用することができました。

 

MT4を使い始めた頃は、どのようなことをすればいいのか分かりづらく手間がかかっていました。しかし一週間ほどネットで調べながら利用していると、段々と使いやすいものに変わってきました。それからはMT4で利用できる特別な機能を使って、複雑なデータ処理をするなどの事をしていました。MT4を利用した感想としては、その気になればなんでもできる点が気に入りました。業者の提供しているツールには制限が多く、自分がしたいようにできないことが多くありました。

 

それがこの製品の場合は、そういう制限がなかったので利用がしやすかったです。またMT4自体が非常に軽いソフトウェアだった点もありがたく、私の利用している古いパソコンでもサクサク動いています。MT4を利用する時は、最初はそれほど期待していませんでした。しかし実際に利用してみるとできることが多く、通貨取引に効果のある製品だと分かりました。

 

 

FXで建玉を保有するべきではない主な3つのタイミング

FX業者選びタクミの趣味ブログ

 

FXは建玉を持つべき時とそうでない時があります。この金融商品では後者は案外と大切です。なぜならうかつに建玉を持ってしまいますと、損失が発生する確率が高まる傾向があるからです。また、日常生活にも支障をきたしてしまう事があるのですね。

 

例えば経済指標などが発表される前などは、ちょっと建玉を持たない方が良いですね。その指標が発表される時には、当然ですが外貨の動きは激しくなる傾向があります。それで大きな損失が発生する事も多々ありますので、基本的に経済に関するニュースが発表される直前のタイミングでは、建玉を持たない方が良いと言われているのですね。FXの定石の1つです。

 

ただ経済指標は、うっかりすると忘れてしまう可能性があります。ですので常々カレンダーを確認して、そのような指標が発表されるタイミングを見逃さないようにするべきでしょう。また出勤する前も、基本的には建玉を持たない方が良いと考えられます。なぜならそれは、仕事に支障をきたしてしまう可能性があるからです。以前に私の知人の1人が、株投資で仕事に支障があったようです。一度株券を保有しますと、その動きが気になって仕方がなくなるようなのですね。かなり多くの金額が動くのが株券ですので、その動きが気になって仕事どころではなくなると常々言っていました。

 

そしてFXにも、そのような一面があるのです。基本的に出勤する前のタイミングでは、やはり建玉を持たない方が無難ですね。仕事の最中に外貨の動きが気になって、日常業務に支障をきたしてしまう可能性があるからです。また寝る前も、やはり建玉を持たない方が良いでしょう。一度玉を持ってしまいますと、やはりそれが気になって夜中に目が覚めてしまう事があるのです。それで寝不足になってしまう可能性も多々ありますので、やはり寝る前は基本的に建玉をゼロにしておく方が良いでしょう。ですのでFXで売買をする際には、経済指標と出勤前と寝る前という3つのタイミングでは建玉を持たないようにするのが良いと考えます。

 

 

指値の変更はしても取り消しをしない方が良いFXの売買

FX業者選びタクミの趣味ブログ

 

FXには、色々と定石があります。その中には、指値に関するものもあるのですね。あの予約型の注文は、とても便利です。サラリーマンの方々などは、あの注文方法を有効活用している事も多いのではないでしょうか。昼間の時間帯は会社に行かなければなりませんので、リアルタイムな売買はちょっと難しいですね。しかしあの予約型の売買方法であれば、たとえ会社で忙しくても特に問題はありません。

 

ところで前述の定石なのですが、指値はキャンセルしない方が良いというものがあるのですね。当然ですが、その金融商品では一度発注した指値をキャンセルする事が可能です。取り消し等という表現が用いられる事もありますが、値段の変更なども可能なのですね。しかしそれはキャンセルしない方が良いという意見が、有力視されているのです。なぜなら感情で売買をしていないからです。

 

この金融商品は、メンタルに左右される一面があります。感情的になって売買を行ってしまいますと、損失が発生する確率が高まる傾向があるのです。あくまでも冷静な頭で売買をしている方が、利益率も高まる事が多いのですね。そして指値による予約の注文をする際には、頭は冷静になっている傾向があります。冷静な頭で分析をしていれば利益率も高まる傾向があるのですから、キャンセルをしない方が妥当なのですね。ですので取り消しボタンなどは、基本的にはクリックをしない方が良いでしょう。

 

しかし変更ボタンは話は別です。例えばトレーリングストップという手法があります。トレンドが発生している時にそれを追跡していくやり方になるのですが、あの売買方法では指値の変更はほぼ必要不可欠でしょう。実際それによって、細かな利益を重ねている方々も沢山いらっしゃいます。つまりFXの指値は変更をするのは問題無いのですが、取り消しをするのは止めておいた方が良いのですね。指値を上手く使いこなす事が、この金融商品で利益を発生させる為の大きなポイントだと考えます。

 

 

元本割れで退場することが多く、連続記録中

FX業者選びタクミの趣味ブログ

 

FXで勝っていてもどうしても徐々に負けていって元本割れスレスレになるか、元本割れで退場してしまう、その繰り返しです。退場後は、ふたたび為替のニュースを聞いて現在の状態ならうまくいけそうと思ってFXに戻ってきて、ふたたび同じような繰り返しになって退場。アベノミクスレートほどわかりやすい値動きはなかったわけですが、それ以前にクタクタになるまで退場になっていたことから入場するのをセーブしてスルー。しかし、相場は無情にも80円→120円と誰でもわかるような超かんたんな値動きで、30万円→1000万円プレーヤーが続出して有名人まで輩出。

 

FXで勝つためにはいろんな要因が重なる必要があり、偶然のことが多いですが、それを実力と過信してしまうときがあるし、そういう過信に限っていくら資金があってもそのうち0円になる可能性はぬぐえません。アベノミクスレートに入場しなかったのはよかったのかそうではなかったのか、FXをしない日々は日々のギャンブル思考をしなくて済んだことがよかったと思います。上がった下がったでイラッときたり安心したりで生活を台無しにしていくのは避けられました。

 

しかし、一方でこんなに簡単な値動きをしてくれる、簡単すぎて参加しないのはもったいない部分はあります。80円→120円、こんなシンプルな動きはめったにないと思えます。1ドル80円前後のときにニュースをみて、考えていました。日本は政府介入しているし、これはドル高円安になるかな、雑誌や新聞には70円台になるかもと書いていることがありましたが、そんなわけがないと明らかに思えました。結果的にはぴったり予想のとおりの方向へ動きました。だから買いを入れていたら、いまごろ資産が数十倍になっていた可能性があります。

 

ただ、連続して押し目買いしていなければ、数十倍になりません。現在のようにロスカットを考慮して慎重に買いを入れている状態では資産倍増は知れている程度でしかなかったはずです。

 

 

アラ還世代にとってけして難しいものではないFXと為替市場

FX業者選びタクミの趣味ブログ

 

定年退職後は今までより時間が確保できるというゆったりした暮らしにチェンジしますが、定年退職後には同時に退職金などが入り金銭的にも余裕がある人が多いのではないでしょうか。現在の平均寿命は男女ともに比例して延びていて、退職したあとに長い年月を過ごすというのもそうそう珍しくはありません。老後生活の資金はあるにせよ、どうせなら次の世代にもう少したくさん残してあげたいなという親心を持っているのではないでしょうか。そんなのときの一つの選択肢にFXはどうでしょう。

 

FXは、アラ還世代にとってあまりなじみがない言葉かもしれません。それもそのはずFXが一般的になったのはおよそ二十年前で、アラ還世代が四十代に突入していた頃です。なので、FXがどういうものなのかさえ知らない、思い当たらない人も少なくありません。FXとは外国為替の英語の一部からとった造語で、つまりFXは外国為替を扱うものです。アラ還世代にとって為替や外国為替はけして遠いものでははなくて、海外旅行などをして外国の通貨に親しんでいたり、海外出張をしたという経験がある人もいることでしょう。

 

なので、FXがある程度その外国為替市場の仕組みについて無知ではないということもあり、知れば知るほど興味をそそられるのではFXになるのではないでしょうか。では、アラ還世代がFXをするメリットは何があげられるのかと、まずFXは多くの投資をしたほうがリターンが多くなるのは当然のことですが、レバレッジをなくすためにまとまった資金を保有していることは有効活用できます。

 

また、アラ還世代は家にいることが多いのではないでしょうか。パソコンで在宅で投資できるFXをする時間は山ほどあります。それに、アラ還世代はパソコンを使える人も多いですから、パソコンに苦手意識を持っていないのではないでしょうか。アラ還世代がFXをするのには一つの注意がただあり、FXは外国為替市場のリスクには気を付けなければなりません。

花火大会で脳をリセット。これが相場観察を頑張っているご褒美

 

7月27日。土曜日に花火大会に行ってきました。毎年行っている花火大会で、同じ時間に出発して、前年とほぼ変わらない場所で鑑賞しました。コンビニに立ち寄って夜食を買ったとき、いつものメニューがなくて違ったものを選びました。冷やし中華がなかったんですよ。一番夏らしいメニューがなくて、残念だったけど、花火大会だから売れてしまったのでしょう。サラダ、サンドイッチ、冷やし中華の代わりのメニューとしておにぎり2個、あとはお茶を購入。目的地に着くと、ビニールシートを敷いてゴロンとくつろぐ。

 

みんなもくつろいでいて私もくつろぎたかったので、そうしました。目標時間より早めの到着だったことで夜食を食べました。寝転んで夜食も食べられて、花火開始までの待ち時間が少なくてスムーズ。退屈しなかったよ~。相場より全然スムーズですよ。毎回トレードを行おうとすると必ず待つ!というのが基本。待てない人に勝利は待っていないのが分かっているからひたすら待つ。それが習慣になっているから平気で待つことができます。今回の花火大会は驚くほど待つ必要がなくて、ラクすぎました。

 

ほとんど待たないで欲しいものが手に入るのってこのことだ!って思いましたね。花火大会は夢の世界でした。唯一これが私の究極の贅沢。私は花火が大好きですが、その理由を考えてみると花火そのものだけじゃない気がしました。広々とした場所で鑑賞出来る。夜で風が気持ちがいい。自然の中なので開放的になれる。花火が好きな人ばかり来ているので、ご機嫌な声が飛び交う。鑑賞のとき遠くの景色を見ている感覚なのでリラックスできて、脳が空になる。

 

浴衣の人を見て夏を感じられる。花火に日本の和を感じる。このような理由を発見しました。好きな理由って探すといろいろ隠されているものですね。ちなみにFXの通貨では豪ドル円が好きです。理由は、オーストラリアにいいイメージを持っている。カンガルーをイメージして豊かな自然を感じる。豪快の豪という漢字が好き。激しい動きをするけど、私を飽きさせないし、利益が取れるから。現在東京時間10時過ぎの豪ドル円は、90.10。また下を攻めています。

続きを読む≫ 2015/12/17 10:05:17

FX歴中級以上の海外FX業者初心者が業者を選ぶ時のポイント

 

FXで儲かり、中級者になってくると、日本のFX業者では満足できなくなる人が出てきます。そんな彼らは、よりレバレッジの効いた取引して、更に大金を稼ぐために海外のFX業者を探します。そこで、今回は初心者から脱却してFXで稼げるようになったけど、日本の業者では満足できない中級者であるあたなのために、海外のFX業者を選ぶ時にポイントとなる基準を説明します。

 

1.レバレッジ
まずは当然レバレッジです。あなたは日本の業者のレバレッジに満足できずに、海外の業者を探そうとしたのですから、レバレッジを見るのは当然です。海外の業者でが200倍~1000倍という、桁違いのレバレッジを掛けられます。自分のスキルやリスク許容範囲や資金に合わせて選びましょう。

 

2.スプレッド
スプレッドが狭いほど、取引に生じるコストは下がるので、スプレッドを見るのは当然です。ただし、スプレッドがいくら狭くても滑ったり約定場合も少なくありません。そこで、多少のコストは生じてしまうかもしれませんが、NDD方式の業者を選ぶと、約定力もあり、良いでしょう。

 

3.信託保全
信託保全の有無は必ず確認しましょう。あなたがいくらFXで儲かっていても、業者が破綻してあなたの証拠金が戻ってこなければ意味は無いですからね。海外の業者には信託保全が無い業者も多いので、必ず信託保全のある業者を選びましょう。

 

4.出入金
出入金がスムーズにできるかもポイントです。入金はクレジットカードが使えると便利で、振込手数料もかからないのでお勧めます。出金の場合は、悪質な業者は出金を拒否するケースもあります。出金できないので、本末転倒なので、出入金(特に出金)は、必ずチェックしましょう。

 

5.日本語サポート
海外の業者は、当然外国語です。英語がわからず、拒否反応が出てもおかしくありません。しかし、安心してください。海外の業者の中には、日本人のスタッフがいたり、日本語の話せる現地スタッフもいる業者もあります。そういう業者を選べば、安心して取引できますね。

 

以上が、海外のFX業者を選ぶ時に見る重要なポイントとなります。ちゃんとした業者を選んで、ガンガン儲けましょう。

続きを読む≫ 2015/12/17 10:05:17

諦めないでやり続けることがFXで最も重要なことです

 

これはFXに限らず、人生全てに言えると思いますが、最終的には諦めないでどれだけ熱意をもって、FXに取り組んだのか、それに尽きると思います。その前の段階で手法や、メンタル、資金管理、そして運がありますが、それでも最終的には執念にも近いものがあります。何が何でも犯人を逮捕する、ベテラン刑事のような執念や情熱です。意地でもFXで成功してやると思えば、無駄な取引やナンピンなど、無謀な取引は必然的にしなくなります。それが既に、成功への階段を登り始めているとも言えます。

 

以前の私は無謀な取引をしていました。北朝鮮がミサイルを発射すれば円安になると決めてドル円を売って、少しでも経済指標で日本に有利な数値が発表されれば、円安になると決め付ける。本当に今考えと、愚かで若さゆえの取引を延々繰り返していました。しかしこのような日々も決して無駄ではありません。失敗から学べばよいだけなのです。大きな大金を失い、時間も過ごしましたが、だからそれがなんだというのでしょうか。負ければ負けるほど、見えない何かが熟成され強くなったのです。一般の平均的人生を送る人達と、乖離すればするほど、その後どうなるか? FXをやっている人なら、簡単に理解できるはずです。

 

FXは執念です。負けても、また貯金を切り崩して勝負をする。ただそれだけです。何か飛びぬけた才能がある人は、決して驕ることなく運がよく、努力をしただけだと言うでしょう。それをFXに当てはめると、ただ相場に挑む、それだけだと思います。お金をかけている以上、その張っている方へ肩入れする気持ちがでるのは当然です。

 

しかし必要以上に決め込むのは危険な考えです。どこまで、どれぐらい動くのかは、誰にも予想ができません。どんな優秀な人でもできない事を、なぜ何の才能も努力もしていない人が、決める事が出来るのでしょう。だからといって、祈っても分析をしても無駄です。ただ頭を空っぽにして、FXの相場に向き合う、それが全てです。

続きを読む≫ 2015/12/17 10:05:17

マージンコール制度はFX会社によって条件に違いがあります。

 

FX初心者の頃はマージンコールとロスカットの違いがよく分かりませんでした。マージンコールとはロスカットになる前に警告されるシグナルやイエローカードともいえるでしょうか。私が初心者の頃に取引していた口座は、確か50%を下まわった時にマージンコールが発生してメールが届くシステムでした。私がFXを始めたのは今から約10年前のことで、今のマージンコールとは条件が変更されていますし、会社によっても違いがあります。ちなみにマージンコールを設けていない会社だとすぐにロスカットされてしまうので初心者にはマージンコールのある会社を選んだ方が安心です。

 

マージンコールは簡単にいうとこれ以上損失が進むと危ないと教えてくれるサインで、マージンコールが発生したら追加で入金するかポジションを一部決済して維持率を回復させるしかありません。マージンコールは口座画面でも確認でき、維持率〇%と表示されるので、マージンコールが発生する前に追加入金するか一部ポジションを決済しておくのが安心です。
ちなみ私は追加入金も一部決済のどちらも経験があります。マージンコールが発生して追加入金した方がいいのか、ポジションを決済した方がいいのか悩みますが、下落や上昇の勢いが強い時、過去の例でいうとサブプライム問題やリーマンショックなどこのような時は少しぐらい入金しても追いつかない時があります。最悪、これ以上入金するお金がないということにもなりかねませんから、ポジションを決済する、また、どうしても決済できない場合は両建でロスカットを防ぐのもありだと思います。

 

ただ、両建するとこれ以上含み損が増える心配はありませんが、外すタイミングが非常に難しいです。ですから、プラスマイナス0や利益が出たら外そうとか至難の技で、ある程度損失が出るのは仕方ないと考えていた方がいいかもしれません。マージンコールやロスカットを防ぐには逆指値注文を入れる事です。追加入金の必要もありませんし、いかに損切りが大切か分かると思います。

 

続きを読む≫ 2015/11/20 09:23:20

我慢できる方におすすめの十分資金の下でのナンピンによるFXの売買

 

FXには必ずリスクがあります。そのリスクも様々ですが、一番大きいものが為替変動です。当然ですが、外貨の金額は常に動いています。それに伴って資産が大きく減ってしまうのが、一番大きなリスクです。ところでこの金融商品には、かなり安全度が高い売買のやり方があります。倍数をできる限り低くする方法です。例えばある時の外貨のレートが、50円になっているとしましょう。それで例えば1万枚の売買をするとなると、25のレバレッジであれば4万が必要になる訳です。

 

それで例えば、買いのFXの建玉を保有したとします。その際に前述の25倍という状況になっているならば、レートが46円などに下がるとロスカットになってしまうでしょう。4万円分の損失が発生するので、資産がゼロ%になってしまうからです。もちろんロスカットの水準が25%などであれば、47円になった時に強制的に切られてしまいます。しかし十分な資金があれば、それを回避する事ができる訳ですね。この例で申し上げれば、例えば100万ほど入金しておけばまず安心でしょう。前述の倍数を下げるわけです。

 

なぜなら100万の資産に対する25%という数字は、いわゆる4万円に該当します。上記のように4円分下がっても、まだ4%に過ぎません。極端な例ですが、レートが10円になってしまっても40%に過ぎないのです。つまり十分なお金を預けておけば、多少の動きでも持ちこたえてくれる訳ですね。ただレートが10になってしまった時に50まで戻ってくるのを待つとなると、当方も無い時間がかかってしまうでしょう。そこで折に触れて、指値を入れておくのが良いと思います。40円や30円などのレートで指値を入れておいて、リバウンドの上昇を狙うやり方もあります。

 

つまり十分な資金が口座に確保されている上でのナンピンですね。色々なFXの売買のやり方がありますが、個人的にはそれが一番着実だと思います。ただそれはかなりの資金が必要で、時間もかかりますね。その2つの点を我慢できるのであれば、上記のやり方は着実だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:04:15

大口トレーダーを追いかけて新規注文をしてみるFXの手法

 

為替の業界では、しばしば大口トレーダーのやり方が注目されています。そのトレーダーのやり方を追従すると、たまに利益が発生する事があるからです。ちなみに大口トレーダーは、たまにダマシを仕掛けている事があります。例えば、ほとんど動きが見られない相場状況になっているとしましょう。しかし上値抵抗性には、確実に近づいている状況だとします。仮にその平行線が、74円だとしましょう。そして現在の相場は、73.8円付近などで動いているとします。

 

そのような時には、多くの方々は74というラインに着目しています。つまりその74という数字よりも高くなると、抵抗線を抜けたので上昇トレンドになるというムードが出てくる訳です。ですので74をブレイクした時などは、多くの方々から買いが集まる傾向があります。前述の大口のFXトレーダーは、その買いが集まる減少に着目している事があるのです。前述のような動きが見られない状況になっているのであれば、とりあえず買ってみます。大口の売買なので、強引に74という数字がブレイクされる訳です。

 

それでは多くの方々から注文が集まって、74.1などの数字になる事があります。それで0.1円分上昇したので、大口のFXのトレーダーはそこで売りの決済をします。それでまた73.8などに戻るケースが多々ある訳です。という事は、74のタイミングで大口トレーダーに追従してしまうと、損になってしまう可能性があるのです。74のタイミングで買って73.8になってしまう訳ですから、差し引き0.2円分の損失が発生してしまうからです。

 

ですがそれを逆手に取って、大口トレーダーが決済をするタイミングで新規売買をするやり方があります。つまり74.1のタイミングで、大口トレーダーが決済をしたと同時に、売りの注文を仕掛ける訳です。すると0.3円分の利益が発生する事になります。ただこのFXの手法は、かなりの高等技術は必要です。大口トレーダーのやり方をある程度把握しておかないと思わぬ損失が発生する可能性もあるので、要注意です。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:04:15

投資の際にはネットやスマホを利用して投資を行うことが出来る

 

FXの取引にはしっかり免責事項についての理解を示すことが大切です。特にロスカット、強制決済に伴うものも含まれます。ロスカットは投資下金額が減額した際に利用する事ができるサービスです。そのため十分に利用しやすい機能ですが、負債は、その後にしっかり払うことになります。金銭の授受又は事務手続き等でも遅延し、又は不能となったことにより生じた損害等についても支払います。

 

外国為替市場の閉鎖等も考えられます。休場又は開場若しくは規則の変更等の事由も考慮されます。投資の際にはネットやスマホを利用して投資を行うことが出来るようになりました。そのため、電信、インターネット、電話回線又は携帯電話設備若しくは郵便等の通信手段における誤謬等もあります。又は遅延等、当社の責めに帰さない事由により生じた損害等もあります。通信回線、通信機器、ソフトウェア及びコンピュータ機器等の障害も考えられます。

 

第三者の妨害による情報伝達の遅延等もあり、不能又は誤作動が生じたことにより生じた損害等当社の提示レートがマーケットの実勢レートにより明白に判断します。損害についてはレートで約定した場合、システム障害等が発生している際に約定した場合、本規定及び会社の総合証券取引約款、その他付随関連した規定や規則など取引ルール等について違反した場合に限ります。

 

投資は相場状況の急変等によりスプレット幅が広がります。スリッページの発生、又はロスカット等、強制決済の執行等により意図した取引できないこともあります。または意図しない取引が成立の際にも伴い、情報等の誤謬、停滞、省略及び中断により生じた損害等もありますのでしっかり規定を確認し信頼できる業者との契約を行うことが大切です。またお客様のログイン等においてのパスワードなどの情報も守られます。ID、パスワード等をお客様ご自身が入力したか否かにかかわらず、当社に登録されているものとの一致しているかどうか、会社が確認し取引を行っていきます。

 

続きを読む≫ 2015/07/07 13:10:07

データ、ニュース、コンテンツ等を多く保有している信頼できる会社

 

FXの投資会社の中には取得したデータ、ニュース、コンテンツ等を多く保有している信頼できる会社などもあります。この他の情報等は、投資家の方の、ご自身の私的使用又はその他の法律によって明示的に認められます。これらの情報等を利用しながら上手に投資を行っていくことが出来ます。しかしこのデータを複製したり、改変、アップロード、掲示、送信、頒布することは禁止です。作までも投資の参考にする事、中には貴重なデータも山ほどあります。

 

投資家の投資に関する断定的判断又は売買の勧誘を目的ではなく、あくまでも情報提供です。また債権譲渡等は禁止になります。すべて自己責任ということです。お客様が当社に対して有する債権に関しては、これを他に譲渡又は質入れ、その他処分をします。利息については証券会社は、取引に関しお客様が当社に差し入れた為替証拠金、本取引により生じたお客様の売買金額によって変動します。差益金や、他本取引に関する金銭に対しては、付利をしない。政府機関等宛て報告書等の作成及び提出も行うことが大切です。

 

報告書その他の書類の作成及び提出に関してお客様に発生した一切の損害は免責されます。届出事項の変更にしっかり情報を明記しておきましょう。投資家が証券会社に届け出たお客様の氏名、名称、住所、事務所の所在地、電話番号、電子メールアドレスなど等、銀行口座又はその他の事項に変更の際には、お客様は、保険会社所定の手続きにより、遅滞しないでそのことを会社に届け出る必要があります。

 

まずはじめには、戸籍抄本、印鑑証明書その他必要と認められる書類等をご提出を求められる可能性もあります。所定の手続きを完了した後でなければ、お客様からお預かりしている資金の返還請求には応じません。通知の効力もあります。会社は、投資家が当社に届け出たお客様の氏名、住所又はお客様の電子メールアドレスあてに通知をお送ります。ただし、当社の責に帰さない事由により未達、遅延、延着等によってです。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:10:07

基本的に担保や保証人は必要ないので十分に投資しやすい

 

投資の際には、個人の環境の変化により必要証拠金の額を変更することが可能です。なお、必要証拠金の額を変更し、投資家のポジションに係る必要証拠金に対しても変更後の必要証拠金の額を適応することが出来ます。証拠金については、様々で証券会社によって異なります、また手数料についても期限の利益の喪失にも注意が必要になります。投資の際には基本的に状況によってはFXに係る債務について期限の利益を失うことも考慮しましょう。支払の停止又は破産等、会社更生・民事再生・個人再生手続き、等の時にはしっかり連絡を行うことになります。

 

FXの投資の際には、基本的に担保や保証人は必要ないので十分に自分が投資しやすいように利用する事が可能になります。担保の目的物には、差押又もありますので、注意が必要になります。支払不能又は不能となる恐れがある場合等における処理になりバランスよく投資を行うことをおすすめします。証券会社は任意に、お客様への事前連絡やお客様の承諾を得ることなく、手続きの続行はしません。投資家が反対売買の発注を行わないときは、会社が任意で行うこともあります。特に投資を行っている最中に連絡が取れなくなってしまったとき等に、しっかり連絡できるようにしておきましょう。

 

しかし反対売買等を行った結果、不足金が生じた場合には、投資家は会社に対して、その額に相当する金銭を直ちに支払う事になります。投資家は証券会社との一切の取引で、期限の到来、期限の利益の喪失、その他の事由によっての債務にはその債務と、債権およびその他一切の債権に関しての通知を出します。そのため債務が出ないように投資を行うことが大切です。パソコンにずっと張り付いて勉強したり、様々な角度での勉強を必要とします。自分のバイトでためたお金でも資金を投入することもでき、最終的には大体プラスマイナスゼロでもOKと思い投資を始めましょう。、数万のマイナスにもめげないこと規定を守り投資を行いましょう。小さい額で趣味としても継続が可能です。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:09:07