FX業者選びのタクミ

FXで建玉を保有するべきではない主な3つのタイミング

FXは、建玉を持つべき時とそうでない時があります。この金融商品では、後者は案外と大切です。なぜならうかつに建玉を持ってしまいますと、損失が発生する確率が高まる傾向があるからです。また、日常生活にも支障をきたしてしまう事があるのですね。
例えば経済指標などが発表される前などは、ちょっと建玉を持たない方が良いですね。その指標が発表される時には、当然ですが外貨の動きは激しくなる傾向があります。それで大きな損失が発生する事も多々ありますので、基本的に経済に関するニュースが発表される直前のタイミングでは、建玉を持たない方が良いと言われているのですね。FXの定石の1つです。
ただ経済指標は、うっかりすると忘れてしまう可能性があります。ですので常々カレンダーを確認して、そのような指標が発表されるタイミングを見逃さないようにするべきでしょう。
また出勤する前も、基本的には建玉を持たない方が良いと考えられます。なぜならそれは、仕事に支障をきたしてしまう可能性があるからです。
以前に私の知人の1人が、株投資で仕事に支障があったようです。一度株券を保有しますと、その動きが気になって仕方がなくなるようなのですね。かなり多くの金額が動くのが株券ですので、その動きが気になって仕事どころではなくなると常々言っていました。
そしてFXにも、そのような一面があるのです。基本的に出勤する前のタイミングでは、やはり建玉を持たない方が無難ですね。仕事の最中に外貨の動きが気になって、日常業務に支障をきたしてしまう可能性があるからです。
また寝る前も、やはり建玉を持たない方が良いでしょう。一度玉を持ってしまいますと、やはりそれが気になって夜中に目が覚めてしまう事があるのです。それで寝不足になってしまう可能性も多々ありますので、やはり寝る前は基本的に建玉をゼロにしておく方が良いでしょう。
ですのでFXで売買をする際には、経済指標と出勤前と寝る前という3つのタイミングでは建玉を持たないようにするのが良いと考えます。

 

 

経済指標が発表された時の調整やリバウンドを狙うFXのやり方と注意点

 

経済指標は、狙い目のタイミングと考えられている事もあります。なぜならそのタイミングならば、外貨の金額が大きく動く傾向があるからです。特にアメリカの失業率などの数字は、その金額に対して大きな影響を及ぼす傾向があります。ですのでその数字が発表されるタイミングなどは、世界中の方々が注目している事も多いです。
そもそも外貨の金額が大きく動く以上、大きな利益が発生する可能性もあります。上昇か下落のどちらになるかは分かりませんが、どちらかで売買を行えば、大きな利益が発生する可能性も多々あるのです。したがってそのタイミングを狙って、FXの売買を行っている方々も少なくありません。
では具体的にはどのような方法になるかと申しますと、逆張りを狙います。例えばアメリカの失業率に関する、とてもポジティブなニュースが流れたとしましょう。その際には、当然米ドル円などのレートは上昇する事になるのです。
ところがそのレートの上昇は、永続的に続くものではありません。必ずどこかで、その上昇がストップします。つまりどこかのタイミングで、下落が発生する事になります。
狙うべきタイミングは、その下落です。つまり調整の下落が発生した時にFXで売りの注文をすると、利益が発生する事が多々あります。もちろん失業率によって外貨のレートが下落したのであれば、リバウンドの上昇を狙うことになる訳です。
ちなみに上記のやり方は、案外と高精度です。そのやり方で売買を行うと、かなりの高い確率で利益が発生する傾向があります。
しかし、百発百中でもありません。基本的に確率は高いのですが、かなり勢いが強い時にはなかなか調整やリバウンドが発生しない事もあります。
つまり経済指標などを狙った売買は、一歩間違うと大きな損失が発生してしまう事もあるのです。ですのでその指標を狙った売買を行う際には、損切りなどのラインも明確に定めてからFX業者での売買を行うのが良いでしょう。やはり何よりも、リスクが一番大切だと考えます。

 

 

指値の変更はしても取り消しをしない方が良いFXの売買

 

FXには、色々と定石があります。その中には、指値に関するものもあるのですね。
あの予約型の注文は、とても便利です。サラリーマンの方々などは、あの注文方法を有効活用している事も多いのではないでしょうか。
昼間の時間帯は会社に行かなければなりませんので、リアルタイムな売買はちょっと難しいですね。しかしあの予約型の売買方法であれば、たとえ会社で忙しくても特に問題はありません。
ところで前述の定石なのですが、指値はキャンセルしない方が良いというものがあるのですね。当然ですが、その金融商品では一度発注した指値をキャンセルする事が可能です。取り消し等という表現が用いられる事もありますが、値段の変更なども可能なのですね。
しかしそれはキャンセルしない方が良いという意見が、有力視されているのです。なぜなら感情で売買をしていないからです。
この金融商品は、メンタルに左右される一面があります。感情的になって売買を行ってしまいますと、損失が発生する確率が高まる傾向があるのです。あくまでも冷静な頭で売買をしている方が、利益率も高まる事が多いのですね。
そして指値による予約の注文をする際には、頭は冷静になっている傾向があります。冷静な頭で分析をしていれば利益率も高まる傾向があるのですから、キャンセルをしない方が妥当なのですね。ですので取り消しボタンなどは、基本的にはクリックをしない方が良いでしょう。
しかし変更ボタンは話は別です。例えばトレーリングストップという手法があります。トレンドが発生している時にそれを追跡していくやり方になるのですが、あの売買方法では指値の変更はほぼ必要不可欠でしょう。実際それによって、細かな利益を重ねている方々も沢山いらっしゃいます。
つまりFXの指値は変更をするのは問題無いのですが、取り消しをするのは止めておいた方が良いのですね。指値を上手く使いこなす事が、この金融商品で利益を発生させる為の大きなポイントだと考えます。

FXには必ずリスクがあります。そのリスクも様々ですが、一番大きいものが為替変動です。
当然ですが、外貨の金額は常に動いています。それに伴って資産が大きく減ってしまうのが、一番大きなリスクです。
ところでこの金融商品には、かなり安全度が高い売買のやり方があります。倍数をできる限り低くする方法です。
例えばある時の外貨のレートが、50円になっているとしましょう。それで例えば1万枚の売買をするとなると、25のレバレッジであれば4万が必要になる訳です。
それで例えば、買いのFXの建玉を保有したとします。その際に前述の25倍という状況になっているならば、レートが46円などに下がるとロスカットになってしまうでしょう。4万円分の損失が発生するので、資産がゼロ%になってしまうからです。もちろんロスカットの水準が25%などであれば、47円になった時に強制的に切られてしまいます。
しかし十分な資金があれば、それを回避する事ができる訳ですね。この例で申し上げれば、例えば100万ほど入金しておけばまず安心でしょう。前述の倍数を下げるわけです。
なぜなら100万の資産に対する25%という数字は、いわゆる4万円に該当します。上記のように4円分下がっても、まだ4%に過ぎません。極端な例ですが、レートが10円になってしまっても40%に過ぎないのです。つまり十分なお金を預けておけば、多少の動きでも持ちこたえてくれる訳ですね。
ただレートが10になってしまった時に50まで戻ってくるのを待つとなると、当方も無い時間がかかってしまうでしょう。そこで折に触れて、指値を入れておくのが良いと思います。40円や30円などのレートで指値を入れておいて、リバウンドの上昇を狙うやり方もあります。
つまり十分な資金が口座に確保されている上でのナンピンですね。色々なFXの売買のやり方がありますが、個人的にはそれが一番着実だと思います。
ただそれはかなりの資金が必要で、時間もかかりますね。その2つの点を我慢できるのであれば、上記のやり方は着実だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:04:15

為替の業界では、しばしば大口トレーダーのやり方が注目されています。そのトレーダーのやり方を追従すると、たまに利益が発生する事があるからです。
ちなみに大口トレーダーは、たまにダマシを仕掛けている事があります。例えば、ほとんど動きが見られない相場状況になっているとしましょう。しかし上値抵抗性には、確実に近づいている状況だとします。仮にその平行線が、74円だとしましょう。そして現在の相場は、73.8円付近などで動いているとします。
そのような時には、多くの方々は74というラインに着目しています。つまりその74という数字よりも高くなると、抵抗線を抜けたので上昇トレンドになるというムードが出てくる訳です。ですので74をブレイクした時などは、多くの方々から買いが集まる傾向があります。
前述の大口のFXトレーダーは、その買いが集まる減少に着目している事があるのです。前述のような動きが見られない状況になっているのであれば、とりあえず買ってみます。大口の売買なので、強引に74という数字がブレイクされる訳です。それでは多くの方々から注文が集まって、74.1などの数字になる事があります。それで0.1円分上昇したので、大口のFXのトレーダーはそこで売りの決済をします。それでまた73.8などに戻るケースが多々ある訳です。
という事は、74のタイミングで大口トレーダーに追従してしまうと、損になってしまう可能性があるのです。74のタイミングで買って73.8になってしまう訳ですから、差し引き0.2円分の損失が発生してしまうからです。
ですがそれを逆手に取って、大口トレーダーが決済をするタイミングで新規売買をするやり方があります。つまり74.1のタイミングで、大口トレーダーが決済をしたと同時に、売りの注文を仕掛ける訳です。すると0.3円分の利益が発生する事になります。
ただこのFXの手法は、かなりの高等技術は必要です。大口トレーダーのやり方をある程度把握しておかないと思わぬ損失が発生する可能性もあるので、要注意です。

続きを読む≫ 2015/07/15 09:04:15

FXの取引にはしっかり免責事項についての理解を示すことが大切です。
特にロスカット、強制決済に伴うものも含まれます。ロスカットは投資下金額が減額した際に利用する事ができるサービスです。そのため十分に利用しやすい機能ですが、負債は、その後にしっかり払うことになります。
)金銭の授受又は事務手続き等でも遅延し、又は不能となったことにより生じた損害等についても支払います。
外国為替市場の閉鎖等も考えられます。休場又は開場若しくは規則の変更等の事由も考慮されます。
投資の際にはネットやスマホを利用して投資を行うことが出来るようになりました。そのため、電信、インターネット、電話回線又は携帯電話設備若しくは郵便等の通信手段における誤謬等もあります。又は遅延等、当社の責めに帰さない事由により生じた損害等もあります。
通信回線、通信機器、ソフトウェア及びコンピュータ機器等の障害も考えられます。
第三者の妨害による情報伝達の遅延等もあり、不能又は誤作動が生じたことにより生じた損害等当社の提示レートがマーケットの実勢レートにより明白に判断します。
損害についてはレートで約定した場合、システム障害等が発生している際に約定した場合、本規定及び会社の総合証券取引約款、その他付随関連した規定や規則など取引ルール等について違反した場合に限ります。
投資は相場状況の急変等によりスプレット幅が広がります。スリッページの発生、又はロスカット等、強制決済の執行等により意図した取引できないこともあります。または意図しない取引が成立の際にも伴い、情報等の誤謬、停滞、省略及び中断により生じた損害等もありますのでしっかり規定を確認し信頼できる業者との契約を行うことが大切です。
またお客様のログイン等においてのパスワードなどの情報も守られます。ID
、パスワード等をお客様ご自身が入力したか否かにかかわらず、当社に登録されているものとの一致しているかどうか、会社が確認し取引を行っていきます。

 

続きを読む≫ 2015/07/07 13:10:07

FXの投資会社の中には取得したデータ、ニュース、コンテンツ等を多く保有している信頼できる会社などもあります。
この他の情報等は、投資家の方の、ご自身の私的使用又はその他の法律によって明示的に認められます。これらの情報等を利用しながら上手に投資を行っていくことが出来ます。しかしこのデータを複製したり、改変、アップロード、掲示、送信、頒布することは禁止です。作までも投資の参考にする事、中には貴重なデータも山ほどあります。
投資家の投資に関する断定的判断又は売買の勧誘を目的ではなく、あくまでも情報提供です。
また債権譲渡等は禁止になります。すべて自己責任ということです。
お客様が当社に対して有する債権に関しては、これを他に譲渡又は質入れ、その他処分をします。

 

利息については証券会社は、取引に関しお客様が当社に差し入れた為替証拠金、本取引により生じたお客様の売買金額によって変動します。差益金や、他本取引に関する金銭に対しては、付利をしない。政府機関等宛て報告書等の作成及び提出も行うことが大切です。
報告書その他の書類の作成及び提出に関してお客様に発生した一切の損害は免責されます。届出事項の変更にしっかり情報を明記しておきましょう。
投資家が証券会社に届け出たお客様の氏名、名称、住所、事務所の所在地、電話番号、電子メールアドレスなど等、銀行口座又はその他の事項に変更の際には、お客様は、保険会社所定の手続きにより、遅滞しないでそのことを会社に届け出る必要があります。
まずはじめには、戸籍抄本、印鑑証明書その他必要と認められる書類等をご
提出を求められる可能性もあります。所定の手続きを完了した後でなければ、お客様
からお預かりしている資金の返還請求には応じません。

 

通知の効力もあります。会社は、投資家が当社に届け出たお客様の氏名、住所又はお客様の電子メールアドレスあてに通知をお送ります。ただし、当社の責に帰さない事由により未達、遅延、延着等によってです。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:10:07

投資の際には、個人の環境の変化により必要証拠金の額を変更することが可能です。なお、必要証拠金の額を変更し、投資家のポジションに係る必要証拠金に対しても変更後の必要証拠金の額を適応することが出来ます。
証拠金については、様々で証券会社によって異なります、また手数料についても期限の利益の喪失にも注意が必要になります。
投資の際には基本的に状況によってはFXに係る債務について期限の利益を失うことも考慮しましょう。支払の停止又は破産等、会社更生・民事再生・個人再生手続き、等の時にはしっかり連絡を行うことになります。

 

 

FXの投資の際には、基本的に担保や保証人は必要ないので十分に自分が投資しやすいように利用する事が可能になります。担保の目的物には、差押又もありますので、注意が必要になります。支払不能又は不能となる恐れがある場合等における処理になりバランスよく投資を行うことをおすすめします。
証券会社は任意に、お客様への事前連絡やお客様
の承諾を得ることなく、手続きの続行はしません。投資家が反対売買の発注を行わないときは、会社が任意で行うこともあります。特に投資を行っている最中に連絡が取れなくなってしまったとき等に、しっかり連絡できるようにしておきましょう。
しかし反対売買等を行った結果、不足金が生じた場合には、投資家は会社に対して、その額に相当する金銭を直ちに支払う事になります。
投資家は証券会社との一切の取引で、期限の到来、期限の利益の喪失、その他の事由によっての債務にはその債務と、債権およびその他一切の債権に関しての通知を出します。そのため債務が出ないように投資を行うことが大切です。パソコンにずっと張り付いて勉強したり、様々な角度での勉強を必要とします。自分のバイトでためたお金でも資金を投入することもでき、最終的には大体プラスマイナスゼロでもOKと思い投資を始めましょう。、数万のマイナスにもめげないこと規定を守り投資を行いましょう。小さい額で趣味としても継続が可能です。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:09:07