我慢できる方におすすめの十分資金の下でのナンピンによるFXの売買

我慢できる方におすすめの十分資金の下でのナンピンによるFXの売買

我慢できる方におすすめの十分資金の下でのナンピンによるFXの売買

 

FXには必ずリスクがあります。そのリスクも様々ですが、一番大きいものが為替変動です。当然ですが、外貨の金額は常に動いています。それに伴って資産が大きく減ってしまうのが、一番大きなリスクです。ところでこの金融商品には、かなり安全度が高い売買のやり方があります。倍数をできる限り低くする方法です。例えばある時の外貨のレートが、50円になっているとしましょう。それで例えば1万枚の売買をするとなると、25のレバレッジであれば4万が必要になる訳です。

 

それで例えば、買いのFXの建玉を保有したとします。その際に前述の25倍という状況になっているならば、レートが46円などに下がるとロスカットになってしまうでしょう。4万円分の損失が発生するので、資産がゼロ%になってしまうからです。もちろんロスカットの水準が25%などであれば、47円になった時に強制的に切られてしまいます。しかし十分な資金があれば、それを回避する事ができる訳ですね。この例で申し上げれば、例えば100万ほど入金しておけばまず安心でしょう。前述の倍数を下げるわけです。

 

なぜなら100万の資産に対する25%という数字は、いわゆる4万円に該当します。上記のように4円分下がっても、まだ4%に過ぎません。極端な例ですが、レートが10円になってしまっても40%に過ぎないのです。つまり十分なお金を預けておけば、多少の動きでも持ちこたえてくれる訳ですね。ただレートが10になってしまった時に50まで戻ってくるのを待つとなると、当方も無い時間がかかってしまうでしょう。そこで折に触れて、指値を入れておくのが良いと思います。40円や30円などのレートで指値を入れておいて、リバウンドの上昇を狙うやり方もあります。

 

つまり十分な資金が口座に確保されている上でのナンピンですね。色々なFXの売買のやり方がありますが、個人的にはそれが一番着実だと思います。ただそれはかなりの資金が必要で、時間もかかりますね。その2つの点を我慢できるのであれば、上記のやり方は着実だと思う次第です。